お金今すぐ欲しい場合、すぐにお金を手に入れる方法はあるの?

MENU

お金今すぐ欲しい!すぐにお金を手に入れる方法は?

 

お金が今すぐ欲しい時、すぐにお金を手に入れる方法としてはどのようなものがあるでしょうか?
方法は色々とありますが、今回は出来るだけ確実性の高い方法を紹介していきたいと思います。
お金が今すぐ欲しい時に手に入れる方法としては割りとお馴染みの方法ばかりですので参考になるのではないでしょうか。

 

友人、親戚、親、兄弟にお金を借りる、前借する

お金が今すぐ欲しいのであれば友人や親、兄弟、親戚など親しい間柄の人や身内からお金を借りるのが一番手軽で早いといえます。
但し、身内だからといって返済期限や利息をいい加減に決めてしまうとトラブルに成る可能性が非常に高いので注意してください。
お金が今すぐ欲しいといって、口約束だけで済ませてしまいがちですが、きちんと借用書を作るようにしましょう。

 

また関係が崩れるだけでなく親からの借金は贈与税の対象になる場合もありますので、お金が今すぐ欲しいと焦っていても十分に注意しなければいけません。
お金が今すぐ欲しい時に親から借りる場合、返済は出世払いにする方も少なくないかと思います。
親子間での貸し借りは税務署のチェックが厳しいですから、出世払いや催促なしの借入は贈与税の対象になる可能性がありますので、お金が今すぐ欲しい場合でも気をつけましょう。

 

いくらお金が今すぐ欲しいからといって、親から直接現金を受け取って借りるのは止めましょう。
借入としての記録が残りませんので税対象となりますから必ず通帳振り込みで借りるようにしましょう。

 

借用書や契約書などの書類がない借入も贈与税の対象になります。
上記で借用書を作るように説明しましたが、これは信用のためだけでなく税金対策のためでもあるのです。
もし税務署から聞かれた際に借り入れを証明する書類が必要です。
お金が今すぐ欲しいと急いでいる時でも、万が一書類がないと贈与税の対象となりますの必ず作成しましょう。

税金は会社の利益や働いて得た収入に全てかかってくるもの。
親子間の貸し借りは、親が子供に経済的な利益を贈ることで子供の収入となるのです。
ですからお金が今すぐ欲しい時であっても、例え親子間の貸し借りであっても収入には税金がかかります。

 

お金が今すぐ欲しい時身内がダメならカードローンで借りる

 

どんなにお金が今すぐ欲しい時でも、親や友人から借りるのは避けたいという方はカードローンで借りる方が良いでしょう。
担保も保証人も必要ありませんので誰にも迷惑をかけずに現金を借りる事が出来ますので、お金が今すぐ欲しい場合、気が楽と言えるでしょう。
担保と保証人不要ということはお金が今すぐ欲しい利用者の返済能力と信用力だけで融資可能かどうかが決まりますので特にお金が今すぐ欲しい時にはハードルはそれなりに高くなると思ってください。
確かに昔に比べると消費者金融からの借金はより身近なものとなりましたが、お金が今すぐ欲しい場合に、決して簡単に借りれるわけではないということは理解しておきましょう。

カードローンは他のローンと大きく異なる点は対応の速さにあります。
通常ローンを組むとなると申込みして審査結果を回答してもらうだけでも数週間かかることが殆どです。お金が今すぐ欲しい場合はきついですね。
しかしカードローンならその日のうちに審査結果の回答が可能です。
またお金が今すぐ欲しい時に、ローンの審査を通過してそこから融資を受けるとなるとまた時間がかかることが多いですが、カードローンなら簡単な書類だけで良いので手続きもスムーズで、条件さえクリアできれば申し込んだお金が今すぐ欲しいその日に借りることだって出来ます。
ですからカードローンはお金が今すぐ欲しいという時に適した方法と言えるでしょう。

 

但しカードローンでも取扱う金融業者によっては融資に時間がかかるところもあります。
カードローンを扱っている金融業者ならどこでも良いというわけではなく、お金が今すぐ欲しいという時は特に、きちんと即日で借り入れ可能な業者を選ばなければいけません。

 

お金が今すぐ欲しい時に、アルバイトやパートをしていれば審査通過OK

お金が今すぐ欲しいといっても、カードローンは申し込みすれば誰でも簡単に利用できるわけではありません。
各金融業者が定める審査基準をクリアしなければお金を借りることは出来ません。
利用条件は満20歳以上で本人に安定した収入があることとなります。
正社員じゃないと申込不可と言う金融業者は殆どありませんので、お金が今すぐ欲しい方で、パートやアルバイトの方でも特に問題無く申込可能です。

 

ただ単に働いて収入があるだけではダメで、きちんと安定していなければいけません。
お金が今すぐ欲しい状況でも、毎月収入があり月によって金額に大きな差がないこと一定額であることが必要となります。
収入額は多いほうが確かに審査は有利ですが、金額はそこまで気にする必要はありません。
また収入と合わせてチェックされるのが勤続年数です。お金が今すぐ欲しい時のためにも安定させておきたいですね。
1つの職場にどれ位の期間働き続けているのかも審査では重要視されます。
具体的に何年とは表記していない業者が殆どですが目安としては1年以上と思ってよいです。
勤続年数が1年未満ですと仕事も収入も安定していない可能性が高く、また辞める恐れもあるため審査通過は難しくなります。

審査では返済能力だけでなく信用力もチェックされます。お金が今すぐ欲しいかは関係ありません。
信用情報と言ってローンやクレジットカードの利用履歴が指定信用情報機関にて管理保持されています。
金融業者は指定信用情報機関に加盟していますので、お金が今すぐ欲しい時の審査の際は申込者の信用情報を指定信用情報機関を通じて確認しています。
もお金が今すぐ欲しい状況の時に、収入に見合った借り入れをしていて返済も期日通りできていれば評価は高くなり審査は有利になります。
逆に無理な借り入れをしていたり返済期日を守らないようですと評価はマイナスとなり審査に落ちる可能性も高くなります。
お金が今すぐ欲しい状況で、返済延滞を2,3回していると審査には先ず通りませんので覚えておきましょう。
また過去に強制解約された場合や任意整理や自己破産といった債務整理の経験がある場合は100%審査落ちとなります。

 

お金が今すぐ欲しいとしても無職では借りれない

いくらお金が今すぐ欲しいとしても無職の方はカードローンでお金を借りることは出来ません。
既に説明した通り、カードローンを利用するための条件は働いて継続的に安定収入を得ていることです。
お金が今すぐ欲しいと思っていても、無職の方が審査に通らないのは安定した収入がないからです。
安定収入がなければ借りたとしても返済できない可能性が高いからです。
今は無職で収入がなくても貯金があるから返せると言う方もいますが、働いていないということは今後貯金が増えることはありません。
もし貯金が底をついてしまえば返済できなくなります。
結局のところ収入がなければ返済できないわけですからどんなにお金が今すぐ欲しいと思っても、無職の方がカードローンを利用することは出来ません。

中には「無職でも借り入れ可能です」といった謳い文句で貸付を行っている業者もあります。
一見ありがたいように思えるかもしれませんが、上記のことを考えれば返済できない可能性が高い人に貸す業者と言う事になります。
お金が今すぐ欲しいと思っていて、無職なんですから返済できない可能性が高いのが分かるはず、それにも関わらず何故お金を貸してくれるのでしょうか?
お金が今すぐ欲しい状況を脱して、仕事に就くまで返済を待ってくれるのでしょうか?そんな訳がありません。
利用者がどんな状況にしろ絶対に返済させようとするはずです。
要するにお金が今すぐ欲しいという利用者の弱みに付け込んで貸そうと考えている可能性大ということになります。
いくらお金が今すぐ欲しいからといっても、このような業者を信頼することが出来るでしょうか?
お金が今すぐ欲しいからといって信頼出来ない業者から借り入れするのはとても危険なことです。
お金が今すぐ欲しいと気持ちが焦っていると普通なら絶対に手を出さないような業者にも頼ってしまおうとしてしまう方も少なくありません。
ですが冷静に考えて、お金が今すぐ欲しいと思っていても、そんな条件で現金を貸すなんておかしいと思うところでは借りようとしないはずです。
甘い話には必ず裏があり、そうした業者は間違いなく悪徳業者だったりヤミ金の可能性が高いです。
お金が今すぐ欲しいと願っていても無職では金融業者から借りることは出来ないと思ってください。

但し無職でも専業主婦の方は例外となります。
配偶者に安定収入があれば配偶者の返済能力と信用力を審査にかけて借りる事が可能です。
銀行カードローンの中にはお金が今すぐ欲しい専業主婦でも申込可能なところがいくつかあります。
配偶者の同意無しで借りることが出来ますので、お金が今すぐ欲しいという場合は検討してみると良いでしょう。

 

お金が今すぐ欲しい無職の方は登録制のバイトで稼ぐ

 

お金が今すぐ欲しい時に、無職の方はカードローンで融資を受けることは出来ません。
仮に借りれたとしても返す当てがありませんので、いくらお金が今すぐ欲しいとしても、やはりカードローンは利用すべきではありません。
まずは登録制のアルバイトで日当を稼ぐことから始めてみると良いでしょう。

通常アルバイトとなると月ごとに決められたシフトに従って出勤となります。
例えばコンビニで働くなら、まずは面接を受けて問題ないと判断され採用されそこで初めてそのコンビニでアルバイトすることが出来るようになります。
当然給料はそのコンビニでもらうこととなります。

 

登録制のアルバイトはまず派遣会社に登録することから始まります。
お金が今すぐ欲しい時など、バイト情報が届きますので自分の都合に合えばその仕事を選んで働くこととなります。
バイト情報が届くのは基本的に不定期となり、主にメールで届くのが殆どですが急ぎの仕事の場合は直接電話がかかってくることもあります。

 

上記の例で出したコンビニで言えば、派遣会社に登録してコンビニの仕事を紹介してもらい自分の都合に合えばその仕事を選びます。
登録制のバイトは特に面接がありませんので、決められた日時にコンビニ出勤すればOKです。
その日1日仕事を終えれば給料が出ますが、この場合コンビニからではなく派遣会社から給料をもらいます。

登録制のバイトは一度登録すれば後は不定期に届くバイト情報の中からお金が今すぐ欲しい場合などに、自分で仕事を選んで働くという形になります。
自分の都合に合わせて働くことができるのでお金が今すぐ欲しい大学生や主婦に人気です。
しかも自分からバイトを探し回る必要もありません。
登録制のアルバイトの中には高級収入の仕事も多いですから、短期間でガッツリと働きたいという方にもオススメです。
注意点として給料の支払い方法は会社によって異なることです。
即日支払いのところもあれば週ごとにまとめて支払うところもあります。
お金が今すぐ欲しいのであればその日に給料を受け取れるところを選ぶようにしましょう。